包茎手術のクリニック評価!比較ランキング

包茎手術後の痛み【ピークや期間と対策】

包茎手術の痛み

包茎手術後の痛みについて、痛さのピークや痛みに耐える期間、特に痛みがある勃起時、痛みへの対策についてまとめます。

包茎手術の痛みはいつがピーク?

包茎手術中は麻酔が効いているので痛くない
仮性包茎や真性包茎の包茎手術を受けようとしている人の多くが心配することとして、痛みが挙げられます。これから手術を受けようと思っているのであれば、いつ痛みがピークに達して、どれほどの痛さなのかを知っておくことによって、精神的な心の準備もできることでしょう。

そもそも包茎手術を受ける際には必ず麻酔を使用することになります。麻酔を打つ方法は2種類あり、まず一つ目に皮膚の表面に麻痺させる薬を塗ってから麻酔を打つ方法と、麻痺させることなく直接注射器で麻酔を打つ方法です。

後者の場合には注射をする際に痛みを感じることになるでしょう。
手術中は麻酔が効いていることから、特に痛さを感じることはありません。ピークが訪れるのは、手術後に麻酔が切れ始めるころと言えます。

約1時間ぐらいすると少しずつ麻酔が切れていきます。個人差があるので一概には言えませんが、早い場合には1時間、遅いと3時間から4時間ほどと考えておくとよいでしょう。多くの場合激しいものではなく、ジンジンとするような鈍痛を感じる人が多く見られます。

鎮痛剤を処方されることがほとんどなので、心配な場合には鎮痛剤を服用すればほぼ痛みは感じないので、心配な人でも安心ですね。しかし手術を受けた患者さんの半分は鎮痛剤を全く使用しないということなので、耐えられないわけではないことがわかります。

包茎手術の痛みに耐える期間

日帰りOK術後の痛みは数日で解消
包茎の手術後に痛みを感じる期間については、個人差があるため一概には言えないのですが、多くの場合には術後数日程度は痛みを感じることになるでしょう。近年では包茎や日帰り手術が可能となっており、溶ける糸の使用などにより術後の診察は不要とするクリニックが多いようです。

手術後の痛みは数日程度で収まることがほとんどですが、長期間傷みが続く場合には無理をせず医師の診察を受けるようにしましょう。

通常は術後しばらくの間は自分で包帯の交換を行い、患部を濡らさないようにシャワーを浴びることができます。術後2~3週間程度で、入浴や運動もOKとなるようです。

包茎手術後の勃起時は特に痛みを伴う場合がある

包茎手術後の勃起時は特に痛みを伴う場合がある
仮性包茎や真性包茎の包茎手術を受けたとしても、特に陰茎の状態は基本的に変わることはありません。比較的簡単な手術といわれていますが、とはいえ皮を切って縫合する手術なので、完治するまでには時間がかかることは予想できますよね。

完治までの間には様々な症状が出る可能性が高いですが、その一つに勃起時の痛みが挙げられます。
勃起はいくら自分が気をつけていたとしても、勝手になってしまうことも大いにあり得ます。特に朝の寝起きの時が一番多いことでしょう。

傷口が完全に治るまでの間は、勃起した場合には痛みを伴うことがあります。また傷口が治ったとしても鈍く痛んだり違和感が続くケースも見られます。これらの症状は治るまでにはある程度時間がかかるといわれています。しかしあまりにも痛みが強いのであれば、病院で診察が必要となるでしょう。

包茎手術をしてから1か月ぐらいの間は、勃起した際には鋭い痛みが続くと思っておきましょう。
手術後1か月がたっても、まだまだ楽しんで性行為やオナニーができる状態ではありません。
傷口がふさがっているとはいえ、何となくまだ跡が残っているし、正直違和感もあるでしょう。
体は大丈夫でも、精神的に大丈夫かなと思い集中できないかもしれません。
手術後にオナニーや性行為を楽しむのであれば、3カ月の間は待ちたいところです。

包茎の種類と特徴

包茎は3種の症状があり主な術式は包皮を切除
包茎には仮性包茎や真性包茎がありますが、ペニスの表皮をむくことができず、亀頭が露出しない状態のことです。

包茎には手で皮をむくことができる仮性包茎と、むくことができない真性包茎があります。
さらに無理をすればむくことができるけれども、その後亀頭に引っかかって元の状態に戻せなくなるカントン包茎などの症状があるのです。仮性包茎はそのまま放置しても特に問題ありませんが、真性包茎やカントン包茎は手術による治療が必要になります。

包茎手術では余分な包皮を切除する術式が行われ、切除した箇所の縫合を行います。そのため術後は一定の期間痛みを感じることになるのです。

包茎手術の痛みの忍耐

手術後は鎮痛剤を使用して痛みを軽減

仮性包茎や真性包茎の包茎手術に痛みがあるのではないか、忍耐が必要ではないかと不安に思っている人も多いことでしょうが、そこまで心配をするレベルのものではありません。手術自体は麻酔を効かせて行うものですから痛みを感じることはなく、多少何かをしていることが感じ取れるぐらいのレベルでしかないので、気にするほどのことではないのです。

問題は包茎手術後のことで、麻酔が切れてくると痛みも強く感じるようになりますから、これは個人差があるだけにどの程度かははっきり言えるものではありません。しかし、それでも鎮痛剤を処方されますからそれさえ飲んでいれば忍耐が必要なほど痛いということにはならないので、やはりそこまで心配をする必要はないでしょう。

包茎手術の影響よりも、包茎が治ったことによってもたらされる刺激の方が最初は我慢する必要がある可能性が高く、亀頭が露出をすることによって、今まで受けなかった刺激を受けるようになってしまいます。

人によっては最初の頃はこの刺激がきつく感じられ忍耐が必要なケースはあるかも知れません。それもあくまでも慣れによって解消をされるので、包茎手術による痛みはそこまで深刻に考える必要はなく、忍耐が必要なレベルではないと抑えておきましょう。

包茎手術の痛みへの対策

技術力の高いクリニックは手術中の痛みはない
仮性包茎や真性包茎の包茎手術は、男性の陰茎に直接メスを入れることになるので、体中のどこよりも恐怖心を感じやすい場所と言えるかもしれません。包茎手術を受けてみたいけれども、手術時に痛いのではないかと怖くてなかなか踏み切れないという人も多いですよね。

包茎手術の痛さを感じるかどうかについては、手術の際の麻酔にかかっているといえるでしょう。
日本の麻酔の技術は非常にレベルが高いことから、実際には手術中に大きな痛みを感じることはありません。

包茎手術には麻酔が必ず利用されます。麻酔の方法は、完全に無痛手術を行う場合に採用されるのが皮膚麻酔から始めるものです。最初に皮膚表面を麻痺させる薬を麻酔をする場所に塗って、本番の麻酔薬の注射の際に痛みが出てこないように対策をします。

また皮膚を麻痺させることなく、そのまま麻酔を打つ方法もあります。ペニスは痛みを感じやすい部分なので、麻酔を打つ時にかなりの痛みを感じてしまう人もいるかもしれません。
恐怖感が強いのであれば、事前に担当医に話をしたうえで、皮膚表面を麻痺させるものから初めてもらうとよいでしょう。

またあまりにも恐怖感を感じてしまうのであれば、弱めではありますが全身麻酔が行われることもあります。かなり怖いと思っているのであれば、こちらを利用するのもよいかもしれませんね。

痛みのなさや傷跡など技術力が高いおススメの包茎治療専門クリニック

メンズサポートクリニック

おすすめのポイント!

  • 5段階の最先端無痛麻酔で痛くない!
  • 一人一人に合ったオーダーメイド
  • 経験豊富な専門医による最新技術でキレイな仕上り!

メンズサポートクリニックは10の安心・安全として上記の他に、24時間相談無料、完全個室や男性スタッフのみのプライバシー考慮、カウンセリングや術後のアフターケア、再診を無料、明瞭安価な治療費用などサポート面も充実しています。技術力や経験実績に加え、他のクリニックのポイントも抑えてあるので1番におすすめできます。新宿と横浜に展開しており夜20時まで営業しています。